top of page
検索
  • 執筆者の写真watanabemusic

いよいよ癒しの時代へ

先日は地域のお祭りのステージに出演させて頂きました、miです。

やっとコロナも規制緩和な感じで(まだ感染予防は必要ですが)ライブ活動も本格化していくのでしょうね。長い長いトンネルを抜けて、音楽家の皆様これからですね!

AIで何でも出来るような時代に入ってまいりましたが、血の通ったぬくもり、今を生きる儚さの持つ、人間ならでこそ人の心を打つ音楽、演奏、そんなものを大切にお届けさせて行けたらと思います。「こんな活動でがんばってますよ~」という方いらしたらメッセージ下さい。繋がって支え合って行きましょう!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

癒しが必要な時代

こんにちは。ずいぶんと更新が空いてしまいましたが、皆様お元気でお過ごしでしたでしょうか?スタッフの私は、実はピアノサポートしたりしてました。 いよいよ高齢化社会が到来で、何かしらのご病気をかかえている方、家族の介護をされている方、仕事では多大のストレスがかかり、必要以上にストレスを抱えている方が大変多いのではないでしょうか? ガソリンも高騰しておりますので、旅行に行くのも気合が必要ですし、コロナも

ライブスペースを拡充してます

インスタで気になるカフェを見つけました! 「これは是非行かねば!」偶然という言葉は無いのです。その場所が気になるという事は、 神様が繋いで下さったご縁がそこにあるという事。 昨日も仕事で忙しかったけど、今日は大変な事もあったけど、そんな合間にだって何でも出来ますよ。人を元気にするお仕事は、天がサポートしてくれますからね(=^・^=) 飛び込みで伺ったそのカフェで、なんと、「ライブしてもらっても良い

大切な歌詞、大切なメロディーだからこそ

ご自身で作曲された歌がありアレンジ依頼をすることになりました。 予算もなかなか厳しいので、いろんな業者さんを比較してお安い所に発注したとします。 出来上がってきて、歌いづらかったり、なんだか通り一遍のアレンジで感動がなかったり。 当社には、そのような案件でお困りになられた方が駆け込んでいらっしゃる場合が多々あります。 心から溢れた瑞々しい感性は、それを生かすアレンジがあってこそです。 そこに感動が

bottom of page